JIMGAMES

つれづれ

ゲームに関するエトセトラ 〈その7:ウォーゲームって何?〉

あくまで個人的な意見ですが……歴史ボードゲームとウォーゲームの違いとは? なんて話が話題になっているようです。 この2つにあまり大きな違いはないとは思うのですが、今回もまた「ゲームを作る立場」としてのあくまで個人の意見を書いてみたい...
つれづれ

ゲームに関するエトセトラ 〈その6:ボードゲーム関連で生計を立てるには!?〉

ボードゲームブームと最近言われていますが、確かにプレイスペースなんかも全国に増えてきて、毎年東京と大阪で合計3回も開催される「ゲームマーケット」にも、入場者だけでなく出店者も増えてきているようです。 特に、ゲームを遊ぶ楽しみだけでな...
つれづれ

ゲームに関するエトセトラ 〈その5:自作でゲームを作る〉

本日は、ちょっとウォーシミュレーションゲームという特定のジャンルに関する切り口で。 いわゆる「ウォーシミュレーションゲーム」と出会ったのが、小学校5年生のとき。いとこの家でSPI社とAH社のゲームカタログを見て、ミリタリー好きな少年...
FDCプロジェクト

『Fish! Dah! Cash!』のルールリファレンス

ゲームの進め方(1)60枚のカードをよく切り、各プレイヤーの手札が5枚になるよう裏向けにしてカードを配ります。残りのカードは山札として使います。(2)親からゲームを開始します。まず親がリードとなるカードを1枚出し、左回りに各プレイ...
つれづれ

ゲームに関するエトセトラ 〈その4:ルールを削る〉

ゲーム製作者とプレイヤーとのプレイ感覚に関する「温度差」について、違う角度からもうひとつかかせていただきます(〈その3〉を参照)。 『ぐるぐるにゃーす』を初めてゲームマーケットに出品したときのこと。小学生の女の子を連れたお父さんが試...
つれづれ

ゲームに関するエトセトラ 〈その3:妻のヒトコト〉

完成したゲームをプレイしてもらうときに、製作者側とプレイヤーの間に著しい温度差を感じるときがあります。それはショッキングな出来事でもあるのですがとても重要なことと思っていまして、初心を忘れちゃいけないよなーと常々思うことが。 先日、...
お知らせ

Twitterはじめました

自作ゲーム工房 JIM GAMESのTwitter画面 先日から、Twitterをはじめました。では、ちょっとしたゲーム制作のつぶやきを中心に投稿していきます。また、新作の告知やサイト更新、Instagramの更新、ECサイト UN...
つれづれ

ゲームに関するエトセトラ 〈その2:ゲームを作るきっかけ〉

私のボードゲームに関する転機が訪れたのは小学校5年生の時。いとこの家に兄と遊びに行ったときに、あるゲームの商品カタログを見たのがきっかけでした。それが、〈アバロンヒル社〉のウォーゲーム商品カタログ。ホビージャパン社が日本語ルール付きで販売...
お知らせ

ECショップ〈UNYAX〉に新商品を追加

JIM GAMESで制作している商品のうち、先日開催された「ゲームマーケット2019大阪」で購入特典として配布していた作品2点を、ECショップの〈UNYAX〉で販売を開始しました。 ぐるぐるにゃーす 高瀬の戦い ご興味の...
ゲーム

西南戦争『高瀬の戦い』を作ってみた〈その1〉

『高瀬の戦い』JIM GAMES 2017年に個人で作成した作品で、すでに完成しています。発表する機会が現時点でないので、「ゲームマーケット2019大阪」において出店する〈BEGINNERS〉のブースで販売するかもしれません。あるい...
タイトルとURLをコピーしました